CD ヤマシタナオキ [1 to 9]

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

このアルバムは、遠近法的に配置されたギターとヴォーカルにより、実に効果的に日常に密着しているようで皮一枚むこうがわのような歌詞を、くっきりと定着させることが成されている。音響的でありつつ、新たな聴こえかたもある。不思議な遠近感のある好アルバムですよ。一色進「歪」もそうだが、ギターと歌の存在の仕方が、とてもいいのだ。不可思議で。
8曲目の“ふたつ星”が特に好きだ。重量のある浮遊感があって。
鈴木慶一 (ムーンライダーズ)
山下達郎バンド不動のベーシスト、伊藤広規、aiko、いきものがかり、スガシカオ、小泉今日子、一青窈らのレコーディング/ライブにも参加しているギタリスト、狩野良昭、元frascoのヴォーカリストにして、近藤真彦のライブ・メンバーとしても知られる政野早希子、元KAI FIVEのベーシスト、出井孝幸といった超豪華ミュージシャン参加!!
伊藤広規が「あのフレーズ」を弾いているロック・テイスト全開な“ねじれ”、声を使い分けてヤマシタのヴォーカルに合わせ込んでくる政野早希子のコーラス・ワークが絶妙な“退屈”、青山マンダラ、吉祥寺スターパインズカフェ等で活動していた幻のバンド、screen's (ヤマシタはヴォーカル & ギターを担当。)時代に作られ、今回、伊藤広規のグルーヴが加わったことにより新境地を切り開いた“月のサラリーマン”、狩野がギター・ソロ&コーラスで魅せる“好奇心”、政野早希子渾身のコーラスとグルーヴ・マスター伊藤広規のベース・サウンドの融合が美しい“天気雨”、ムーンライダーズの鈴木慶一も評価を寄せるドラマ仕立てのラヴ・ソング、オルタナティヴな仕上がりとなった“ふたつ星”等々、全9曲を収録!!

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する